定期借家Q&A

Q.15契約期間が1年以上の定期借家契約で、終了通知を期間満了の6ヶ月前までに出さなかった場合でも、借主が同意すれば、期間満了により定期借家契約を終了させることができますか?

A.15

 貸主が終了通知義務を怠った場合には、借主に契約終了に関する注意を喚起して、再契約のための交渉や代替建物を探すための期間を最低6ヶ月間確保するために、貸主が賃貸借の終了を借主に対抗できないものとしています(借地借家法第38条4項)。


 しかし、これはあくまでも上記のように借主を保護するための規定です。借主が同意するのであれば、通知の有無にかかわらず、当初の期間の満了により定期借家契約を終了させることは可能です。


  ただし、借主が同意していたことを後日証明できるように、念のため「同意書」などを交付してもらったほうかがよいでしょう。

一覧に戻る